和酒フェス

【1日目】Miss SAKE 紹介 糟谷 恵理子/Eriko Kasuya

2022年2月7日 図1

第18回和酒フェスin中目黒を盛り上げてくれるMiss SAKE、1日目の3月26(土)に登場するのは2021 Miss SAKE 準グランプリの糟谷 恵理子さんです。

【糟谷 恵理子について】
生年月日:1999年1月6日
出身:東京都
職業:順天堂大学医学部4年


◆自己PR


幼少期より書道、茶道を通して和の心に触れて参りました。
現在は医学を学ぶ傍ら、自身の強みである旺盛な好奇心・向上心を生かし、日本文化への理解をさらに深めているところです。
「恵理子」という名前に込められた、他者を温かく包む思いやりの意を大切に、日本文化を広く発信することに務めてまいります。

日本酒をこよなく愛する医学生のThis is me!【2021 Miss SAKE 長野 糟谷恵理子】

 


Miss SAKE Channel


現役医学生が答える「お酒と健康」

【信州を食べよう!】ワンカップ地酒×信州名物をペアリングしてみた

 


今までで最も誇りに思っている達成は何ですか?


私はまだ大きな達成への途中にいると考えています。
「人のために自分の能力を生かしたい」というライフゴールを掲げ、医師を目指して医学部を受験し、日々勉学に励んでいます。
医師になった後も常に学び続けることが不可欠であると考えていて、その飽くなき向上心が自分らしさでもあると感じます。

 

 


特別意識している美容法は何ですか?


適度な運動によって体の内側から健康的に美しくなることを目標としています。
大学ではバスケットボール部に所属しながら、趣味の水泳も継続しており、自ら積極的に運動する時間を設けています。
元々体を動かすことが好きなので、ストレス解消にも繋がっています。

 

 


日本酒はあなたにとってどのような存在ですか?


家族全員が日本酒好きという環境で育ち、幼い頃から日本酒は私にとって大変身近な存在でした。
一献を交える度に新たな出逢いや経験が生まれ、人生がより彩り豊かになっていくように感じます。
味わい、醸造技術、酒器などどれをとっても魅力的で奥深い日本酒に対し、誰よりも熱い想い、誇りを抱いています。

 

 


代表地域のPR


日本屈指の高山から流れる清らかな湧水と澄んだ空気に恵まれた自然豊かな長野県。
約80もの酒蔵を有し、それぞれ個性豊かな銘酒が醸されています。
果物や野菜を中心とした瑞々しい特産物や大自然に囲まれた秘湯、夜空一面に広がる星々を楽しみながら、心も体もリフレッシュして頂ける場所です。

 

 


Miss SAKE Channel 


【お酒×健康】お酒に関するQuestionに医学生が答えます!

 

 

Miss SAKE 2021 準グランプリの糟谷さんに会える!

和酒フェスチケット情報は⇒⇒⇒こちら

 

チケットを購入する イベント一覧 オススメ店舗一覧 観光庁 国税庁 東京小売酒販免許 友だち追加

上に戻る チケットはこちら