和酒フェス

フェスの楽しみ方

2015年10月20日

和酒フェスをもっと楽しむための9つのポイントをご紹介します。

1.全国各地の銘酒をきき酒する

当日は、全国から厳選された酒蔵の銘酒を利き酒できます。
日頃愛飲しているお酒から、初めて味わうタイプのお酒まで様々なお酒を試してください。
当日は約150銘柄以上のお酒を楽しむことができます。
きっと新しいお酒の出会いがあるはずです。

2.自分の好きなお酒のタイプを探す

お酒イベントに初めて参加される方、もっとお酒について知りたい方は「飲み比べることで、自分の好きな味を見つけてみてください!」。
甘口、辛口が好き、匂いが華やかなお酒が好き、旨味と酸のバランスの良いお酒が好きなど多くの発見があるはずです。
さらに、お燗ブースや飲食ブースもあります。お好きな飲み方やお酒と食のマリアージュもお楽しみください。

3.造り手との会話を楽しむ

イベントでは、実際にお酒を造る蔵元や酒蔵の方が参加され、お酒を振る舞います。
蔵元やスタッフに酒造りのお話を聞き、飲んで香味を感じれば、お酒の旨さと知識が体に染み込んでくるはずです。

4.体調管理をしましょう

前日は睡眠をしっかりとって、イベントには元気に楽しく参加しましょう!
規則正しい生活、食事、休息は、体調管理には有効です。

5.空腹でお酒は飲まないようにしましょう

空腹でお酒を飲むと酔うスピードが速くなります。ゆっくりお酒を楽しむためには、事前の食事がおススメです。フェス会場にも飲食ブースがございます。

6.水をこまめに飲みましょう

イベントの間は、こまめに水分補給をしてください。日本酒の量に対して、同程度の水を飲むのが良いとされています。会場では、ミネラルウォーターを販売しております。会場にペットボトルに水を入れて持参しても良いです。水を飲むことで、飲みすぎ・悪酔い・二日酔いの予防に効果があります。
また事前に緑茶、乳製品(ヨーグルト)や脂肪食品(オリーブオイル、バター)をとると効果があると言われています。

7.飲み過ぎには絶対に注意しましょう

泥酔すると、せっかく美味しいと思ったお酒やイベントが台無しになります。また、周囲の人に迷惑をかけます。自分の体と相談しながら、お酒の量をコントロールしてください。
酔い過ぎたと思ったら、飲むのをやめましょう。この判断の見極めが大切です。

8.なるべく軽装でご参加ください。(落とし物や、忘れ物防止)

お酒に酔って、忘れ物をしたり、モノを落としたりすることがないようにしてください。 
また会場には、クロークはございません。

9.公式サイトをチェックしましょう。

和酒フェスでは、イベントを盛り上げるパフォーマンスやセミナーなどが充実しております。
公式サイトでチェックしてみてください。

いかがでしたでしょうか?
ご参考にして頂き、和酒フェスをより楽しんで頂ければと幸いです。

では、当日皆様にお会いできることを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

和酒フェス実行委員会 一同

 

※ご入場にあたっての注意点
・スマートフォンの電子チケットは、ご入場前にご準備ください。
・代表者様が複数枚のチケットをお持ちの場合やペアチケットでご入場される方は、必ずご一緒にご入場ください。

※当日券の販売は、未定となっております。

チケットを購入する イベント一覧 オススメ店舗一覧 観光庁 国税庁 東京小売酒販免許 友だち追加

上に戻る チケットはこちら