和酒フェス

沢の鶴

sawanotsuru01

沢の鶴

兵庫県 沢の鶴株式会社 代表銘柄:『沢の鶴(さわのつる)』

 『酒蔵紹介』
沢の鶴は、創業1717年、あと2年で創業300年を迎えます。
日本一の酒処である兵庫県の「灘五郷」。
「沢の鶴」は、この灘五郷の西端に位置します。
沢の鶴のはじまりは、大阪の「米問屋」でした。
故に、「※(米)」印を1つのブランドとして、「米」を大事に、米を吟味して、灘本流の生酛造りを守り、まじめな酒造りをしております。

『出品商品の紹介』
「1973年醸造古酒」
 〜熟成を極めた味わい〜
 40年以上の歳月を経て生まれた黄金色に輝く長期熟成酒です。
 奥深く力強い香りとまろやかで重厚な甘み、コクのある伸びやかな旨みをお楽しみいただけます。

「1991年醸造 純米長期熟成酒」
 しっかりと熟成した濃熟タイプ。
 ナッツやカラメルのような香りがあり、味わいも濃厚で複雑で力強く、古酒の醍醐味が味わえます。

「1995年醸造 本醸造 熟成古酒」
 甘味と酸味を特長とした濃醇タイプ。
 色合いも濃褐色。濃厚な風味と濃い味付けの料理との相性が良いです。

「特別純米酒 実楽山田錦」
 酒米の王様として知られている「山田錦」にも、実はいろいろなランクがあるのをご存知でしょうか?
 「実楽(じつらく)」は、酒米の王様、山田錦特A地区とされている兵庫県三木市の地名です。
 「特別純米酒 実楽山田錦」は、いわば「山田錦の中の山田錦」で醸したお酒です。
 “米(山田錦)・水(宮水)・造り(生もと造り)”にこだわって造ったお酒です。
 「スローフードジャパン2015燗酒コンテスト 金賞受賞」
 「第41回(2015年秋季)全国酒類コンクール 純米酒部門で第2位を受賞」

「茜すぱぁくりんぐ」
ほんのりローズ色のスパークリング日本酒です。
神戸大学と共同研究した「さざんか酵母」を使用し、ポリフェノールを豊富に含んだ「赤米」を原料に使用しております。
香料・着色料・糖類・酸味料等の添加物は一切使用しておりません。
微炭酸で爽やかな飲み口が特長です。
「第41回(2015年秋季)全国酒類コンクール新開発部門で第1位」

『和酒フェスへの意気込み』
今回の和酒フェスのテーマである、燗酒や長期熟成酒には自信があります。
また、昨今酒質には、定評がございます。
ぜひ、沢の鶴をお試しください。

 ■沢の鶴株式会社
http://www.sawanotsuru.co.jp/

■Facebook
https://www.facebook.com/sawanotsuru

■オンラインショップ
http://www.sawanotsuru.co.jp/store/

■純米酒蔵 楽天市場店    
http://www.rakuten.ne.jp/gold/sawanotsuru-junmai/

チケットを購入する イベント一覧 &tokyo_2.png

上に戻る チケットはこちら